車両保険と当て逃げ・いたずら・盗難保険・自爆保険について。当て逃げで保険は下りると思いますか?いたずらで保険は下りると思いますか?ここでは保険の範囲について紹介します。
自動車保険業界人インタビュー

   
 
●保険屋が言いたくない裏事情
・「オススメ保険」の失敗談
01.自損事故と当て逃げの補償  02.「いたずら」で補償されるケース
03.保険加入時のチェックポイント 04.見せ上手  05.心理作戦に負けるな

「オススメ保険」の失敗談〜心理作戦に負けるな〜

ナデカタ:
生命保険会社でも定期的に取り寄せているみたいですよ。うちも同様です。実に魅力的に書いてあります。「民間調査会社調べで人気ナンバー1保険」とかね。その民間調査会社って私は知らないんですが…。

二階堂:
まあ、わからなくても、調査会社って聞くとすごい気がしますよ(笑)日本人の心理なんでしょうかね。

ナデカタ:
うーん。私たち保険関係者からすると正直疑問がわく点もあります。一般の人はその判断材料がないですからね。

数字的な話になりますけど、そんなに信頼度や継続率が高ければスタートしてから9年で、シェアが伸びますよね。9年前で2%〜3%のシェア、そして今3.5%とか4%というのはよくわかりません。S社にしてもA社にしても、それほど支持されているのであれば、チェアも年々増えていくもんじゃないのかなぁって。

二階堂:
それもそうですね。数字や宣伝文句にビビビっと魅力を感じつつ、まずは自分で補償内容を確認するようにします。

●編集後記
〜補償内容はまずチェック〜

途中から話がだいぶそれてしましまいました。でも普段きけないおもしろい情報だったので、ここで簡単にまとめておきます。

■「 車対車+A」だと自損事故や当て逃げでは保険がおりない。
 でもいたずらや落書きなら大丈夫。

相手のいない自損事故や相手不明な当て逃げで補償されないのが、車両保険の「車対車+A」というプラン。 しかし最近ではいらずらや落書きで補償されるケースがあるとのこと。代理店の人にうまく動いてもらうことがポイントですね。

■ 無保険車傷害危険担保特約、自損事故危険担保特約もついてくる!
  これって オトク!?

外資系保険会社のパンフレットや見積もりをみたことがある人が心あたりがあるかもしれません。「無保険車特約もついてます!」という表記です。「国内系の大手損保にはなかったから、お得じゃん」と思ってしまいがちですよね。でも、本来無保険車傷害特約はもともと保険についてくるものらしいですよ。私たちは、そんなことまでわかるはずがないのだから、国内系の保険屋さん、ちゃんと書いてくれないとわからないですよー。

■ユーザーの信頼度No1!
雑誌の広告欄などで「当保険会社はユーザーの信頼度No1に選ばれました」「事故サービス満足度80%」といったコピーをよくみます。

一体誰が調べているんだろう? ○○調査会社って…?なんて思うのは保険をよく知ってる人くらいなものでしょう。どの業界でも「ナンバーワン」は多いようです。賢いあなたはそんな言葉に釣られぬよう、内容を見極めて判断してくださいね。

← 04.見せ上手



TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険屋が教える裏アドバイス
・示談のコツ
・私が知ってる悪徳保険業者
・私が知ってるタチ悪い事故の話
・こんな人は自動車保険選びに失敗する
・事故ったときの賢い交渉法・対処法
・自動車穂家特約はどこまで必要?
・おすすめの自動車保険

●保険屋が言いたくない裏事情
・1件の契約でどのくらいもらえるの?
・こんなお客は「困ったさん」
・自動車保険の解約はめちゃ面倒
・あの保険会社はヤバイ!
・保険屋が加入する保険会社は?
・こんな契約トラブルありました
・バイク保険を扱わない保険会社
・交通事故処理の対応は万全?
・保険の仕事は何がおいしい?
・「オススメ保険」の失敗談