車両保険と当て逃げ・いたずら・盗難保険・自爆保険について。当て逃げで保険は下りると思いますか?いたずらで保険は下りると思いますか?ここでは保険の範囲について紹介します。
自動車保険業界人インタビュー

   
 
●保険屋が言いたくない裏事情
・「オススメ保険」の失敗談
01.自損事故と当て逃げの補償  02.「いたずら」で補償されるケース
03.保険加入時のチェックポイント 04.見せ上手  05.心理作戦に負けるな

「オススメ保険」の失敗談〜「いたずら」で補償されるケース〜

ナデカタ:
はい。奥様にも確認をしました。でも「そんな話は聞いていない!」と言われてしまいましたよ。きちんとお話をしたつもりだったのですが、お客様の理解レベルにきちんと合わせた話ができていなかったんです。

同じ失敗をしないために、お客様にお話するとき、保険金が出ないものから先に説明、確認をしています。

轟:
それが一番安心かもしれないですね。やっぱり自損事故系の問題は多いんじゃないですか?当て逃げされたとか、自分ではやっていないとか…。

ナデカタ:
そうなんですよ。だから、最近では「いたずら」っていう概念ができましたね。自動車にぶつけられたのは「当て逃げ」。でも、人間に足で蹴られてドアがボコッとへこんだというのは「いたずら」と判断されます。

轟:
その判断も結構きわどいところですよ?!

ナデカタ:
だから保険会社の代理店が介入していれば、当て逃げや自損事故も「いたずら」の方向へ持っていけるんです。

轟:
「いたずら」と判断されれば保険がおりるんですか?

ナデカタ:
そうですね。でも一般的にはあまり知られていません。慎重な判断が要求されるので、パンフレットにも書かれていないと思います。社内的には定着していますけどね。

二階堂:
なるほど。

ナデカタ:
ええ。パンレットに書いていない理由はもう1つあります。当て逃げと自損事故を「いたずら」で補償できることが一般的になったとしましょう。そしたら当て逃げと自損事故をカバーする保険にわざわざ加入しなくてもいいでしょう。

二階堂:
確かに「いたずら」でなら、どんな事故でも保険がきくんじゃないですか?


← 01.自損事故と当て逃げの補償



TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険屋が教える裏アドバイス
・示談のコツ
・私が知ってる悪徳保険業者
・私が知ってるタチ悪い事故の話
・こんな人は自動車保険選びに失敗する
・事故ったときの賢い交渉法・対処法
・自動車穂家特約はどこまで必要?
・おすすめの自動車保険

●保険屋が言いたくない裏事情
・1件の契約でどのくらいもらえるの?
・こんなお客は「困ったさん」
・自動車保険の解約はめちゃ面倒
・あの保険会社はヤバイ!
・保険屋が加入する保険会社は?
・こんな契約トラブルありました
・バイク保険を扱わない保険会社
・交通事故処理の対応は万全?
・保険の仕事は何がおいしい?
・「オススメ保険」の失敗談