自動車事故を起こした時に起こる問題と自賠責基準・任意基準・赤本について紹介。代理店経由でで申し込んだ方がよいか?外資系保険社に申し込んだ方がよいか?などについて掲載。
自動車保険業界人インタビュー

   
 
●保険屋が教える裏アドバイス
交通事故の賢い交渉法・対処法
01.賠償額で損をしない  02.外資系保険会社の交渉能力
03.保険料が安いワケ  04.保険金の大小をきめるカギは?

交通事故の賢い交渉法・対処法〜保険金の大小をきめるカギは?

ナデカタ:
極端な話、「保険金が出るか出ないか」というのは、事故現場の対応関係者の対応によって変わってくるといえます。

轟:
なるほど。保険に関する理解が浅ければ浅いほど、外資系自動車保険の加入は難しいですね。難しいというか非常に手間がかかる感じがします。

ナデカタ:
外資系は非常に現代的なんです。まずは自己責任。それから自ら行動する。という点が大事です。逆に言えばこの2つができる人には絶対におすすめです。

轟:
確かにそのとおりかもしれないですね。最近は何かと自己責任といわれますから(笑)

ナデカタ:
ただ「保険内容は国内系と同じ。でも外資系の保険料金の方が安いんだ!」と思ったら、それは大きな間違いですよ。先ほど申し上げたように、国内系保険会社にいる議員秘書さんや弁護士さんといった交渉能力に長けた人が、外資系保険会社にもいるかというと、結局はほとんどいませんから。

二階堂:
外資系は保険料が安い点が魅力なぶん、実際事故ったときには面倒くさいことも多いみたいですね。交渉能力がある人もプライベートではなるべく面倒なことはしたくないのかもしれないですね。

ナデカタ:そうですね(笑)。

●編集後記
〜保険金の大小!? 保険そのものがおりないかも・・・〜

赤本により賠償金の額がほぼ決まっているとはいえ、我々にとっては自賠責基準や任意基準などわからないことばかりなのが普通です。やはりそういう場合は当事者間で話し合うよりも、保険代理店に仲介として対応してもらうことが賢い対処法といえそうです。

しかしそのエージェントの交渉能力によっては保険金額が小さくなったり、保険が適用されないなんてこともあります。やはり保険屋さん選びは重要です。

また保険会社と交渉できる能力のある人、自ら行動できる人は無店舗の外資系保険に加入すれば、自分で事故後の対応をするかわりに保険料を安くできますね。

最近は自動車保険の保障範囲がどんどん広がるぶん、様々な特約(主契約の他に契約するオプションのようなもの)があります。あなたが契約している特約は果たして本当に必要なのでしょうか?

いらない特約で保険料を高くしていませんか?次のページでは必要な特約いらない特約についてご紹介します。

← 保険料が安いワケ



TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険屋が教える裏アドバイス
・示談のコツ
・私が知ってる悪徳保険業者
・私が知ってるタチ悪い事故の話
・こんな人は自動車保険選びに失敗する
・事故ったときの賢い交渉法・対処法
・自動車穂家特約はどこまで必要?
・おすすめの自動車保険

●保険屋が言いたくない裏事情
・1件の契約でどのくらいもらえるの?
・こんなお客は「困ったさん」
・自動車保険の解約はめちゃ面倒
・あの保険会社はヤバイ!
・保険屋が加入する保険会社は?
・こんな契約トラブルありました
・バイク保険を扱わない保険会社
・交通事故処理の対応は万全?
・保険の仕事は何がおいしい?
・「オススメ保険」の失敗談