自動車事故を起こした時に起こる問題と自賠責基準・任意基準・赤本について紹介。代理店経由でで申し込んだ方がよいか?外資系保険に申し込んだ方がよいか?などについて掲載。
自動車保険業界人インタビュー

   
 
●保険屋が教える裏アドバイス
交通事故の賢い交渉法・対処法
01.賠償額で損をしない  02.外資系保険会社の交渉能力
03.保険料が安いワケ  04.保険金の大小をきめるカギは?

交通事故の賢い交渉法・対処法〜外資系保険会社の交渉能力〜

ナデカタ:
外資系保険会社と契約した場合は国内系保険会社の形体とはまたちょっと違います。外資系の場合、自動車事故起こすたびに加入保険会社と対決する必要があります。

二階堂:
対決!火花バチバチ戦うわけですか。

ナデカタ:
ある意味そうですね。 というのは、お客様からの交通事故報告は保険会社にとってクレーム情報になるんですよ。その処理の基準になるのが約款(やっかん)です。ゴチャゴチャと決まりごとが記載されているもので、それをを基に保険料を払う、払わないを決めるのです。

残念ながら「お客様が困っているから支払う」とはいかないようです。だからお客さんの言い分と約款の規則の間で戦うことになるわけです。

二階堂:
うーん、困ったときの保険なんですけどね。

ナデカタ:
国内系にしろ外資系にしろ保険会社は「約款の通り正しく払う」のが仕事。お客様が困っている、いないは関係なく規則にそって判断するのが義務なのです。そのため判断がきわどいゾーンになると、保険金がでないこともしばしばありますし、言葉づかいが事務的になってしまうのもしょうがないかもしれません。

一方、代理店は「お客様が困っている!なんとかしよう」と一生懸命になって策を練るなど、比較的応用がききます。約款で判断をする保険会社と、約款がわからないお客さんの間に入って交渉するのが代理店の立場です。

轟:
そんな違いがあるとは知りませんでした。もし事故った相手だけに代理店の人間がついていたらイヤですね。うまいところをつかれて、損をしそうですもん。

二階堂:
そもそも「うまいとこをつかれた!」ということに気づく自信がないですよ。約款自体を理解していないんですから、僕は。

ナデカタ:
外資系保険会社の保険料が安いワケってご存知ですか?

← 01.賠償額で損をしない



TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険屋が教える裏アドバイス
・示談のコツ
・私が知ってる悪徳保険業者
・私が知ってるタチ悪い事故の話
・こんな人は自動車保険選びに失敗する
・事故ったときの賢い交渉法・対処法
・自動車穂家特約はどこまで必要?
・おすすめの自動車保険

●保険屋が言いたくない裏事情
・1件の契約でどのくらいもらえるの?
・こんなお客は「困ったさん」
・自動車保険の解約はめちゃ面倒
・あの保険会社はヤバイ!
・保険屋が加入する保険会社は?
・こんな契約トラブルありました
・バイク保険を扱わない保険会社
・交通事故処理の対応は万全?
・保険の仕事は何がおいしい?
・「オススメ保険」の失敗談