保険を選ぶ際の注意点について紹介しております。ここでは先物取引などの事例を交えて紹介しております。是非だまされないように、自分はだまされやすいのか、だまされにくいのか?等について事前に理解して頂ければと思います。
自動車保険業界人インタビュー

   
 
●保険屋が教える裏アドバイス
・こんな人は自動車保険選びに失敗する
01.CMうたい文句の落とし穴  02.外資系保険会社の脅威
03.対する国内保険会社は?  04.小さい会社の大きな負担

こんな人は自動車保険選びに失敗する〜小さい会社の大きな負担〜

ナデカタ:
もともと国内保険会社というのは、まじめに運営しようと思うとけっこう大変だったりするんですよ。北は北海道から南は沖縄まで、きちんと事故サービス網を置く必要があるためです。

だから、小さい会社というのはあまり存続していけないんですね。ここのところ吸収合併が増えているでしょう。実にその点なんですよ。会社が大きかろうが小さかろうが、日本のてっぺんからおしりまで、まんべんなくサービスセンターを置かなきゃいけないので、小さい会社ほどその負担が重いんです。

轟:
たしかにそうですね、だから最近では体力がない保険会社が大きな保険会社に吸収される傾向があるんですね。

ナデカタ:
N同和が、「N損保」と自前でやっていた頃は苦情の嵐だったそうです。サービス網を持っていなかったためです。あまりに苦情が多いために、Nグループの本体に傷がつくという理由で、後にD社と提携したんですよ。

D社はもともと、全国にサービス網を持っていますから、まともな対応ができるでしょうっていうことです。UFJと東京三菱といった具合に、まだあと数年で吸収合併がポロポロでてくるでしょうね。。

●編集後記
〜「○○ならこんなにお得!」「走行距離○○km以下の方は5%割引!」〜

保険というのは形のないものなので、手にとって比較ができない難しいものだと思います。比較をする場合は、どうしても価格で比べてしまうのは人の性ですよね。

比較するのはとてもよいことだと思います。でも「○○ならこんなにお得!」ってそんなにお得?よく見れば他の保険会社でも同じようなサービスしてない? 国内の自動車保険会社と海外の自動車保険会社を比較して広告の仕方がうまいのは圧倒的に後者でしょう。

比較をしっかりしてオトクな保険に入りたいという人は、両者の差をきちんとみきわめる必要がります。比較はそんなに簡単でないって事を知っておいてください。 少なくともCMのうたい文句に踊らされぬよう・・・。



起こしたくなくても起きてしまうのが交通事故。私は大丈夫!なんて油断は禁物です。安全運転を心がける習慣はあっても、そのうちどれくらいの人が交通事故の適切な対処方法をご存知でしょうか。

実は交通事故にあった時の対処方法にも頭のいいやり方と、逆に損をしてしまうやり方があるのだそう。次のページでは、知らないと損する「事故後の上手な対処方法」について裏アドバイスをご紹介します。

← 03.対する国内保険会社は?



TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険屋が教える裏アドバイス
・示談のコツ
・私が知ってる悪徳保険業者
・私が知ってるタチ悪い事故の話
・こんな人は自動車保険選びに失敗する
・事故ったときの賢い交渉法・対処法
・自動車穂家特約はどこまで必要?
・おすすめの自動車保険

●保険屋が言いたくない裏事情
・1件の契約でどのくらいもらえるの?
・こんなお客は「困ったさん」
・自動車保険の解約はめちゃ面倒
・あの保険会社はヤバイ!
・保険屋が加入する保険会社は?
・こんな契約トラブルありました
・バイク保険を扱わない保険会社
・交通事故処理の対応は万全?
・保険の仕事は何がおいしい?
・「オススメ保険」の失敗談