「ぶつけられた方が損をする」そんなことはあるのでしょうか?ここではある事例を挙げ、保険金と保険会社実情の矛盾について紹介します。
本当にあったトラブル裏話
   
 
●事故トラブル編
・物損事故のケース

不幸にして交通事故に巻き込まれてしまった方。事故車のレッテルを貼られてしまったらその自動車自体が嫌になってしまった経験ありませんか?このお話は、事故車にまつわる矛盾のパターンです。一体、誰が悪いのだろうという事例です。


【信号待ちで…】

先日、Mさんが信号待ちをしていた時のことでした。仕事帰りだった彼が現場の信号にひっかかったのが夜の9時をまわっていました。疲れもあった彼が車内で大きく伸びをしたとき、後部より強い衝撃を受けました。ちょうど、後ろの自動車も仕事帰りの途中で疲れのたまっていたドライバーだったそうです。

すぐに警察を呼んで救急車の手配を受け、病院へ行ったそうです。幸い、怪我自体はさほど酷い状況ではなかったようでした。さすがに暫くは会社を休業していましたがやがて無事に復職しました。


【ぶつけられた者が損をする現実】

さて、復職前にしなければならないのが自動車の修理です。彼が自動車の修理の見積もりを取ったところ40万円という金額がはじき出されてきました。ですが相手側保険会社は30万円しか支払えないと通達してきたのです。これは一体どういうことなのでしょうか。

実はこういうことなのです。彼が乗っていた自動車の価値というのがありますが、これは購入したと同時にどんどん下がっていきます。事故の時点で彼の自動車の価値が30万円だったために保険会社はこの金額を言ってきたのでした。ですが、彼としては納得いくわけがありません。彼も色々調べてみたのですが結局はこの通りにするしかなく、示談金を受け取って示談をしたのでした。


【事故は絶対に防がなくては】

何故この通りなのでしょう。つまりは30万円という自動車のその時点での価値が経済的全損に匹敵してしまったからなのです。経済的全損とは修理は出来るが修理費用が車価を上回ってしまった場合ということなのです。

正直なところ、個人的意見なのですが日本の法律は被害者よりも加害者を守っているのが実態です。この事故にしても私の友人はなんの落ち度もなかったのです。ですが、加害者側の損失を抑えるため、このような決まりになっているのが現状です。

交通事故は、起こしても起こされてもどちらも不幸になってしまいます。何一ついいことはありません。日ごろから、事故を起こさないよう、全てのドライバー、一人一人が注意しながら運転を心がけて安全な交通事情を作り上げることこそ一番大切なことなのです。

←前へ
自動車保険業界人が語る裏自動車保険ガイド
TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険契約系トラブル編
・事故で使える保険は自動車保険だけ?
・事故で受傷した時の治療は完治するまできっちりと!!
・自然災害で被害を受けたら?
・自動車が盗まれてしまった!!
・搭乗者保険ってご存知?
・後方から車がぶつかってきて、過失は相手の車側にあるのに・・・
・むち打ちで受け取れると思った保険金額は受け取れず
・縦列駐車中、前方の車にぶつけて、あせってまたぶつけてしまった……
・下半身不随になったのに、なぜ?

●事故トラブル編
・ちょっと一杯のつもりで飲んで……
・飲酒運転の加害者では泣き寝入り…?
・相手が自動車保険に加入していないらしい!いったいどうすればいい?
・愛車が事故で傷つけられた!でも、相手が加入している保険会社からは保険がおりない!どうして!?
・突然、オートバイが激突してきて、お互い怪我を負ってしまった!
・賠償能力がない加害者から救う方法
・保険適応と不適応のばらつきが出た
・物損事故のケース