相手が無保険車だったら…そんな時はどのように対応するべきなのでしょうか?泣き寝入りするしか無いのでしょうか?自分の保険を使うしか無いのでしょうか?ここでは相手の車が無保険車だった場合の対処法について紹介します。
本当にあったトラブル裏話
   
 
●事故トラブル編
・賠償能力のない事故相手
01.無保険車傷害補償が家族を救う  02.未然に防ぐ

ここでもうひとつ、無保険車両障害補償に関する事例をご紹介します。加入していないと、何かと不便な保険のようですね。あなたの加入保険をぜひ一度確認してみてはいかがですか?

賠償能力がない加害者との交通事故〜〜

Aさんは信号待ちで停車をしている時に追突をされました。すぐに警察を呼んで、自分の保険会社にも連絡をしました。しかし、加害者は任意保険に加入していないとのこと。

もちろん停車中の事故なので、相手の過失が100%。それでも相手が保険に加入していなかった為に保険の請求が難航していました。

このケースは誰にも予測することができません。事故相手が任意保険加入者かどうかなんて事故をするまでわからないのですから。

では、どうすればこのような事態を未然に防ぐことができるのでしょうか?解決のヒントは無保険車障害保険。この保険は、通常、各保険会社が扱っている完全補償型タイプであれば、最初からついているものです。

加害者が保険未加入の場合、ひき逃げなどで加害者を特定出来ない場合、その他、加害者が保険に加入していても泥酔状態など支払い対象外だった場合に適用される保険です。加害者が無保険だったために十分な補償が受けらない場合でも、この保険から賠償金が支払われます。

特別な場合としては、前ページでお伝えした事例です。保険契約車に乗っている人が交通事故にあって、死亡または後遺障害を被ったときにも適用されます。

まずはご自身で契約している保険内容を確認することが大事です。もし、ついていないとう方には、ぜひ加入をおすすめします。



← 01.無保険車傷害補償が家族を救う

 

TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険契約系トラブル編
・自由診断で損をする
・交通事故後は怪我の完治を最優先に
・自然災害で被害にあった愛車を守るには
・自動車が盗まれた
・搭乗者保険の請求手続き
・過失0%でも全額補償されない場合
・保険金の減額
・縦列駐車で2台に激突
・交差点でおこった悲劇

●事故トラブル編
・飲酒運転でおこした交通事故
・加害者が飲酒運転
・無保険車両との交通事故
・家族特定特約が適用されない
・必要だった自動車保険は?
・賠償能力のない事故相手
・保険がきく事故、きかない事故
・過失0でも10万円の負担。なぜ?