相手が無保険車だった場合、お金は支払われるのでしょうか?ここでは相手が無保険車だった場合の事例を紹介します。また対策も紹介しておりますので、ご参考にして頂ければと思います。
本当にあったトラブル裏話
   
 
●事故トラブル編
・必要だった自動車保険は?
01.被害者なのに補償されない  02.相手は無保険車両

道路を走るすべての車やオートバイが任意の自動車保険に入っているとは限りません。 もしそんな相手と交通事故をおこしてしまったら?場合によっては、これから紹介するIさんのように、治療費や修理代が補償されないこともあるんです。

無保険車との自動車事故〜被害者なのに補償されない〜

前方には見慣れた交差点。秋も深まってきた9月27日、Iさんはいつも通り自動車で会社へ向かっていました。

信号は青。Iさんはそのまま交差点に進入しました。ところが突然、自動車の右からオートバイが飛び込んできたのです。そしてあっという間に右前輪付近に激突。

Iさんはとっさに急ブレーキをかけました。しかし努力もむなしく、ライダーは軽々とボンネットに乗り上げ、その後地面に転がり落ちました。

Iさんは、ライダーを助けようと慌てて車を降りようとしました。「うぅ…。」自分自身の首にも痛みが走ります。Iさんは痛む首をなんとかかばいつつ、ライダーのもとに駆け寄ってみました。

ライダーは怪我をしているものの、意識はしっかりしていました。Iさんはとりあえずホッと一息ついてから、すぐに救急車を手配。それから警察に電話して到着を待ちました。

待っている間、Iさんはライダーに信号無視をしたかどうかを尋ねてみました。すると、ライダーは自分が信号を無視したことを、素直に認めました。そこで、Iさんはライダーの加入保険会社も尋ねてみました。車の修理代と治療費を補償してもらう必要があるからです。ところが…。



← 家族特定特約が適用されない

 

TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険契約系トラブル編
・自由診断で損をする
・交通事故後は怪我の完治を最優先に
・自然災害で被害にあった愛車を守るには
・自動車が盗まれた
・搭乗者保険の請求手続き
・過失0%でも全額補償されない場合
・保険金の減額
・縦列駐車で2台に激突
・交差点でおこった悲劇

●事故トラブル編
・飲酒運転でおこした交通事故
・加害者が飲酒運転
・無保険車両との交通事故
・家族特定特約が適用されない
・必要だった自動車保険は?
・賠償能力のない事故相手
・保険がきく事故、きかない事故
・過失0でも10万円の負担。なぜ?