事故の相手が任意保険・自賠責保険に加入していない場合はどうなるのでしょうか?保険金は支払われるのでしょうか?ここでは相手が自動車保険に加入していない場合を例に取って保険の重要性について紹介します。
本当にあったトラブル裏話
   
 
●事故トラブル編

・無保険車両との交通事故
01.自賠責保険にも未加入  02.使える保険制度


無保険車両との交通事故〜使える保険制度〜

翌日、スクーターを運転していた男性が見舞いに来ました。きけば自動車保険に入っていないといいます。それだけではありません。法律で加入が義務付けられている強制保険(自動車賠償責任保険)にも加入していないというのです。

治療費などを要求したが、お金が無いと言われる始末。Sさんは、目の前が真っ暗になり呆然としてしまいました。

このようなケースの場合、政府の保障事業制度を利用することをお勧めします。ひき逃げ事故や無保険車両による交通事故で人身損害が発生した場合、被害者を救済する制度です。

保険代理店から必要書類を受け取って、自分が立て替えた治療費と、仕事ができるようになるまでの休業補償を請求すると、数カ月後お金が振り込まれる仕組みです。

ただ、政府の保証事業制度による補償は、交通事故後すぐにお金を受け取ることができません。そのため一時的に家計を圧迫する場合があります。

ですから、損害保険会社の傷害保険に加入するなど、何らかの準備をしておくことも大切ですね。通常、自動車保険に加給していれば、無保険車と事故にあった際の補償がついていますから、代理店の方に相談してみるとよいです。

車検制度の無い原動機付き自転車を使っている方、自賠責保険の満期は自分できちんと確認して補償が切れることのないようにしましょうね。

← 01.自賠責保険にも未加入

 

TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険契約系トラブル編
・自由診断で損をする
・交通事故後は怪我の完治を最優先に
・自然災害で被害にあった愛車を守るには
・自動車が盗まれた
・搭乗者保険の請求手続き
・過失0%でも全額補償されない場合
・保険金の減額
・縦列駐車で2台に激突
・交差点でおこった悲劇

●事故トラブル編
・飲酒運転でおこした交通事故
・加害者が飲酒運転
・無保険車両との交通事故
・家族特定特約が適用されない
・必要だった自動車保険は?
・賠償能力のない事故相手
・保険がきく事故、きかない事故
・過失0でも10万円の負担。なぜ?