「飲んだら、乗るな」これが常識ではあります。しかし、万が一飲んで事故を起こしてしまった場合はどうなるのでしょうか?保険の対象になるのでしょうか?ここでは保険と事故について紹介します。
本当にあったトラブル裏話
   
 
●事故トラブル編
・飲酒運転でおこした交通事故
01.飲酒運転  02.交通事故の真相  03.保険会社もかばえない

飲酒運転でおこした交通事故〜保険会社もかばえない〜

「いや、そんなことはない。ぶつかったのは1度だけです。」Kさんは警察にいいました。しかし、事情聴取をうけていくうちに、うっすら記憶が戻ってきました。そういえば…。商店に激突する前、横断歩道を渡っていた老人と接触しそうになったことを思い出しました。

「だけど、あれはぶつかりそうになっただけですよ」と答えるKさんに警察は言いました。「でも老人はたしかに怪我をしているんですよ。しかも、目撃証言だってある。」

長い事情聴取は終わりました。がっくりと肩をおとして家に帰り、こんどは保険代理店に事故の報告をすることにしました。酒酔い運転のため保険が効かないのではないか…。そんな思いで、Kさんも奥さんも不安でいっぱいになりました。

代理店からは「賠償責任保険は有効だが、車両保険は無効」であるとの説明をうけました。加入の保険会社から、商店に350万円の保険金が支払われることになりました。店舗修理代と休業損害を合わせた金額です。

また、老人が体の痛みを訴え1週間ほど通院治療を行ったため、治療費と慰謝料についても、加入の保険会社が支払うことになった。Kさんの自動車修理代は90万円。でも車両保険が効かないため、この金額は自己負担となりました。

飲酒で事故を起こすと、任意保険の場合は対人賠償保険対物賠償保険のみ適用されます。つまり、被害者救済の立場から、交通事故に巻き込んだ相手への賠償は保険で支払うことができます。

ただし事故を起こした本人に対して、任意保険はまず適用されないと思ってよいでしょう。そして、警察からの処分もあります。交通事故の当事者には、民事・行政・刑事と3つの責任が問われれます。

今回は保険で民事上の責任を果たしたKさんでも、その他刑事処分として罰金徴収、行政処分として免許取消の可能性があるのです。

 

← 02.交通事故の真相

 

TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険契約系トラブル編
・自由診断で損をする
・交通事故後は怪我の完治を最優先に
・自然災害で被害にあった愛車を守るには
・自動車が盗まれた
・搭乗者保険の請求手続き
・過失0%でも全額補償されない場合
・保険金の減額
・縦列駐車で2台に激突
・交差点でおこった悲劇

●事故トラブル編
・飲酒運転でおこした交通事故
・加害者が飲酒運転
・無保険車両との交通事故
・家族特定特約が適用されない
・必要だった自動車保険は?
・賠償能力のない事故相手
・保険がきく事故、きかない事故
・過失0でも10万円の負担。なぜ?