後ろに車を待たせての、運転・駐車は焦りますよね。ここでは駐車中の車にぶつけてしまった例をご紹介します。大変特殊なケースを例に取って紹介しますので、是非参考にして頂ければと思います。
本当にあったトラブル裏話
   
 
●保険契約系トラブル編
・縦列駐車で2台に激突
01.一瞬の操作ミス  02.自動車事故の損害は2台分?
1つの事故から、発生する二次事故。状況や保険会社によっては2回の事故と判断されるケースもあります。事故を起こしたら、落ち着いて慎重に行動することが重要です。

縦列駐車で2台に激突〜一瞬の操作ミス〜

ある日曜日のこと。大学生のIさんは購入したばかりの新車で買い物に出かけました。スーパーの前の細い歩道はとても細いにも、かかわらず、駐車禁止区域ではないので、今日もたくさんの自動車が列をなして駐車されていました。

Iさんもあるスペースのある場所を見つけて、縦列駐車をすることに。バックミラーには後方から走ってくる車がうつっていました。「急いで入れなくちゃ」と慌ててバックを始めました。

その瞬間、「ガツッ」と嫌な感覚がしました。目測を誤り、後方に停車中だったクルマの左後方角にぶつけてしまったのです。Iさんの車に通行を遮断された車が、すぐ後ろで待っています。

さらに焦ったIさん。急いでハンドルを左に切り返し前進させました。「ガツッ。」今度は前に停車していた自動車のフロントバンパーを直撃。

まわりの車に迷惑をかけたあげく、せっかくの新車を傷つけたことで、Iさんは大きなショックをうけました。


← 保険金の減額

 

TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険契約系トラブル編
・自由診断で損をする
・交通事故後は怪我の完治を最優先に
・自然災害で被害にあった愛車を守るには
・自動車が盗まれた
・搭乗者保険の請求手続き
・過失0%でも全額補償されない場合
・保険金の減額
・縦列駐車で2台に激突
・交差点でおこった悲劇

●事故トラブル編
・飲酒運転でおこした交通事故
・加害者が飲酒運転
・無保険車両との交通事故
・家族特定特約が適用されない
・必要だった自動車保険は?
・賠償能力のない事故相手
・保険がきく事故、きかない事故
・過失0でも10万円の負担。なぜ?