自動車を購入した場合、自動車保険に入る方は多いと思いますが、車両保険に入る方はそれほど多くないのではないでしょうか?ここでは車両保険と自然災害について実例を交えて紹介します。
本当にあったトラブル裏話
   
 
●保険契約系トラブル編

・自然災害で被害にあった愛車を守るには
01.台風の悲劇  02. 誰が賠償する?


自然災害で被害にあった愛車を守る〜 誰が賠償する?〜

朝起きて窓を開けると、すみやかに晴れ渡った青空がいっぱいに広がっていました。今までにないくらいの爽やかな朝。…と思って、ふと見下ろした目の先には、愛車のすさまじい姿が。

太く大きな木の枝が、フロント硝子のあたりおおいかぶさっているではありませんか。慌てて家をとびだし、車を確認しにいって、さらに落胆したOさん。フロント硝子には、木の枝が情け容赦なく突き刺さり、ヒビが入っていたのです。

早速、彼は自分の保険会社に電話をして、被害状況を報告、修理対応の仕方を聞いてみました。残念無念、車両保険に入っていなかったために自腹で修理せざるを得なかったのです。

維持費がかかるからと加入しなかった車両保険。しかし今回の場合、結局はそれよりも大きな損害になってしまいました。

ただし、自然災害の被害に車両保険を適応できるケースとできないケースがあります。加入を考えている方は、各保険会社に必ず適応範囲を確認することをおすすめします。

← 01.台風の悲劇

 

TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険契約系トラブル編
・自由診断で損をする
・交通事故後は怪我の完治を最優先に
・自然災害で被害にあった愛車を守るには
・自動車が盗まれた
・搭乗者保険の請求手続き
・過失0%でも全額補償されない場合
・保険金の減額
・縦列駐車で2台に激突
・交差点でおこった悲劇

●事故トラブル編
・飲酒運転でおこした交通事故
・加害者が飲酒運転
・無保険車両との交通事故
・家族特定特約が適用されない
・必要だった自動車保険は?
・賠償能力のない事故相手
・保険がきく事故、きかない事故
・過失0でも10万円の負担。なぜ?