自動車を購入した場合、自動車保険に入る方は多いと思いますが、車両保険に入る方はそれほど多くないのではないでしょうか?ここでは車両保険と自然災害について実例を交えて紹介します。
本当にあったトラブル裏話
   
 
●保険契約系トラブル編

・自然災害で被害にあった愛車を守るには
01.台風の悲劇  02.誰が賠償する?

免許も持ち、時間にも勉強にも余裕がでてくる学生時代。自分専用の車が欲しくなる気持ち、男性のみなさん誰もが経験されたのではないでしょうか。

また、自動車に乗るみなさんにとって「車両保険」は身近な用語だと思います。ここでご紹介するのはこの車両保険に関するトラブル体験談です。

自然災害で被害にあった愛車を守る〜台風の悲劇〜

学生のOさん、念願だった自動車をやっと手にすることができました。学生ということもあって、もちろん高価なものではなく、安い自動車を選びました。そして維持費を理由に、車両保険にも未加入。この判断が後々やっかいなことになるとは考えもせずに…。

Oさんが車を買った年は、例年に比べとても台風の多い年でした。天気予報では、また新しい台風の直撃を伝えていました。

愛車の駐車場に使っていたのは自宅のカーポート。とはいっても屋根があるわけではなく、シャッターもない、駐車場ともいえない駐車場。その日は、台風が直撃するということもあって、野ざらし同然の愛車が心配でなりませんでした。

夜中を過ぎたころ、予報どおり台風が上陸。ビュービュー風が鳴り響く中、テレビの台風情報を見ていた彼の耳に「バリバリッ」と何か割れるような音が飛び込んできました

聞き慣れない音にびっくりしたものの、また風の音しか聞こえなくなりました。台風の進路がだんだんと反れていくのを天気予報で確認し、いつのまにか彼はそのまま深い眠りにおちていきました。

← 交通事故後はケガの完治を最優先に

 

TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険契約系トラブル編
・自由診断で損をする
・交通事故後は怪我の完治を最優先に
・自然災害で被害にあった愛車を守るには
・自動車が盗まれた
・搭乗者保険の請求手続き
・過失0%でも全額補償されない場合
・保険金の減額
・縦列駐車で2台に激突
・交差点でおこった悲劇

●事故トラブル編
・飲酒運転でおこした交通事故
・加害者が飲酒運転
・無保険車両との交通事故
・家族特定特約が適用されない
・必要だった自動車保険は?
・賠償能力のない事故相手
・保険がきく事故、きかない事故
・過失0でも10万円の負担。なぜ?