本当に様々な事故が世の中にはあります。事故にあった時の訴えも大切ですが、事故後の対応も大切になります。ここでは事故後、相手の保険会社とのトラブルといった二次事故について紹介します。
本当にあったトラブル裏話
   
 
●保険契約系トラブル編
・交通事故後は怪我の完治を最優先に
01.交通事故はこうして起きた  02.病院に行けない  
03.保険会社のどんでん返し

交通事故後は怪我の完治を最優先に〜病院に行けない〜

それから、仕事をしながらの通院生活が始まりました。頭痛や腰痛、手の痺れに悩まされながらも、仕事が忙しいということもあってなかなか定期的に病院に行くことができずにいました。

私の会社の従業員は5人。会社が受けるダメージを考えるととてもじゃないけれど、休めないのです。それでも任意保険会社からは定期的に進捗状況の確認電話がかかってきました。

症状や病院に行けない理由も伝え、業務要員の補充をお願いしてみました。でも、その申し出をする度に、「そういう補償はできない」と保険会社に言われて電話を切られてしまいます。こんなことを繰り返しているうちに、怪我の痛みも悪化する一方。

やっとのことで時間を作り、病院へ行きました。症状を説明したところ、今の仕事をを禁止され、まずは治療に専念するようにと忠告をうけてしまったのです。いわゆるドクターストップです。こうなっては仕方がありません。

社長に状況を話し、仕事を休んで治療をうけられることになりました。もちろん相手の任意保険会社にも話をして了解をもらいました。

← 01.交通事故はこうして起きた

 

TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

●保険契約系トラブル編
・自由診断で損をする
・交通事故後は怪我の完治を最優先に
・自然災害で被害にあった愛車を守るには
・自動車が盗まれた
・搭乗者保険の請求手続き
・過失0%でも全額補償されない場合
・保険金の減額
・縦列駐車で2台に激突
・交差点でおこった悲劇

●事故トラブル編
・飲酒運転でおこした交通事故
・加害者が飲酒運転
・無保険車両との交通事故
・家族特定特約が適用されない
・必要だった自動車保険は?
・賠償能力のない事故相手
・保険がきく事故、きかない事故
・過失0でも10万円の負担。なぜ?