自動車保険営業マンが社内で実際使う保険用語について紹介します。裏年・表年・イナゴ契約・アジャスター・トレースなど専門用語について解説しています。
隠語(いんご)

   
 
●社内用語編

・これで社内の話もバッチリわかる
01.ア〜う  02.お〜と


・表年 (おもてとし)
 

裏年に対する反対語で、何年か前に契約した長期の保険の満期がくる年をいう。

思いもかけない大口契約が満期となってくると、前任者や前々任者がやった契約でも、表年にそれを扱う社員の手柄として評価される。通常2〜5年ものが多く略して「長特(ちょうとく)」ともいう。

   
・勘定書 (かんじょうしょ)
  保険料請求書の俗称。これをきちんと理解して精算してくれない代理店を多くもつ保険会社の人は困ってしまう。
   
・鑑定人 (かんていにん)
 

古い壷や絵画を値踏みする人のことではない。
自動車以外の物を鑑定する人。物保険・賠責・対物といろいろこなす。保険会社から依頼を受けて現場行き、損害額を査定する。

第三者の立場から査定する。現場では「保険屋さん」と言われる。 損保業界でも知名度が低い。特に、営業系では知らない人が多いと思われる。

   
・ザル社員 (さるしゃいん)
  業務管理がなってない社員のこと。担当代理店に使い込まれやすい。
   
・トレース (とれーす)
  追求。予算の達成状況や見込案件の進捗状況などに対して上司からうけるもの。
   
・トレーサー (とれーさー)
  トレースばっかりして、目先の数字にしか重点を置かないダメな上司などの総称。 こ、こわい。
   
 


 

← 01.ア〜う

 


TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
トラブルベスト10

●自動車保険業界隠語集
・基本用語編
・社内用語編
・代理店編
・発展編
・その他