保険はよく理解してから加入すると言うことが大切である、と言うことは皆様ご存じだと思います。しかし本当に理解している方は何%いるでしょうか?ここでは保障とCMについて紹介します。
自動車保険トラブルベスト10

   
 
5. 不親切なパンフレットと代理店担当者

保険契約をするときに大切なこと。それは、保険内容を正しく理解して、納得の上で加入することです。これが当たり前のようで、なかなか難しい…。損害保険の悪しき特徴とも言えるでしょう。

保険会社がお客様用に準備しているパンフレットの中身はこうなっています。「これも補償されます」「あれも補償されますよ」と補償される内容ばかりをズラズラと羅列。そして補償されない内容は後ろのほうに小さい文字で説明されている程度。

たとえば、無保険者傷害危険担保特約とか自損事故危険担保特約は、対人・対物という保険にもともとついているものです。ですから、保険料には全く影響しません。

ところが、パンフレットにはそういったものまで「補償される内容」として大きくかかれています。ですから、お客さんにとっては「こんなものまで補償してくれるんだ」という安心材料になるのです。安易に保険をきめてしまう要因でもあります。

また、車両保険にはいくつか種類がります。「一般車両」と「車対車+限定A」特約などです。保険料で安いのは「車対車+限定A」。しかし、その分自損事故(単独事故)による損害は補償されません。この点もパンフレット上ではとてもわかりにくく説明されています。

保険担当者が詳しく説明をしないかぎり、お客様はその落とし穴に気づかないまま契約をしてしまうのです。

TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

1.しらないうちに保険が切れていた

2. 「24時間対応」のくせに…

3.名ばかりの「示談交渉つき保険」

4.フルサポートじゃなかったの?

5. 不親切なパンフレットと代理店担当者

6. 保険契約をしようとした断られた

7. 保険の更新をほったらかしにされた

8. 「担当者が不在のため…」ってなに?

9. 万が一のときには役に立たない

10. 車両保険の免責金額で自己負担


自動車保険イチオシサイト、生命保険の選び方自動車保険くらべっこ大会自動車盗難保険・車両保険解説講座はこちらから。
生活のお役立ち情報満載の法律・法令集キャッシングの選び方もどうぞ。