自動車保険トラブルベスト10について紹介します。もっとも多い例がこの「代理店から連絡が無かった」という例だそうです。皆様もぜひお気を付け頂ければと思います。
自動車保険トラブルベスト10

   
 
1. しらないうちに保険が切れていた


代理店から満期の連絡がなかったのでほ放っておいた。そしたらいつのまに保険が切れていた。

こんな経験ありませんか?

代理店の良し悪しで保険の質が決まると言っても過言ではありません。それは、事故のときだけでなく、保険契約をするときや契約を更新するときにもよくわかります。

たとえば、規制緩和で生命保険と損害保険の乗合が可能になったことでこんな問題が生じています。

近頃、生命保険のセールスレディーが損害保険の知識もないままに損害保険を扱っている場合がよくあります。

しかも、セールスレディーたちの平均勤続年数は約1年6ヶ月と短く、保険の満期管理がきちんとできていないのです。

ディーラーや中古車販売店などで扱う保険も同じことがいえます。保険会社に務める保険担当者もサラリーマン。引き継ぎをしっかりしないまま会社を辞めてしまうとします。

そうすると、お客さんがせっかく高い保険料を払って契約しても、そのまま放っておかれる可能性があるのです。

通常、自動車保険の満期管理は代理店がしっかりやっているものです。保険が切れる約1ヶ月くらい前になると、代理店から契約者へそのことを知らせる案内があるものです。

最近は、保険の満期通知がないために、知らないうちに保険が切れていたとか、そういう時にかぎって事故にあってしまう、というケースが増えています。

万が一のときに補償されないとなると、困ってしまいますから、もしかして…と心あたりのある方は、一度保険会社に連絡をしてみるといいかもしれません。

TOP
自動車保険業界人インタビュー
本当にあったトラブル裏話
自動車保険トラブルベスト10
隠語

1.しらないうちに保険が切れていた

2. 「24時間対応」のくせに…

3.名ばかりの「示談交渉つき保険」

4.フルサポートじゃなかったの?

5. 不親切なパンフレットと代理店担当者

6. 保険契約をしようとした断られた

7. 保険の更新をほったらかしにされた

8. 「担当者が不在のため…」ってなに?

9. 万が一のときには役に立たない

10. 車両保険の免責金額で自己負担


おすすめ自動車保険6大サイト、生命保険の選び方自動車保険くらべっこ大会自動車盗難保険・車両保険解説講座自動車保険の解説
自動車保険比較
自動車保険の選び方はこちらから。生活のお役立ち情報満載の法律・法令集医療保険・ガン保険ネットキャッシングの選び方もどうぞ。